2019年7月18日木曜日

三方谷右俣(野々滝谷)










国土地理院発行の地図に記載される地名はどのような基準があるのだろうか。三方谷右俣には野々滝という滝記号が付けられている。県道が敷設されたとは言え、一般の方が容易にたどり着ける場所ではない所に名称が付けられていることは驚きに値する。この谷は小矢部川流域では最も急峻な場所だ。となれば現地で確認せざるを得ない。

小矢部川本流瀬戸の長瀞が終了すると合流するのが三方谷である。出合からは良い雰囲気の渓相に時おり小滝を挟む普通の沢である。右俣懸案の急峻地帯は非常に傾斜強い巨岩ゴーロ+スラブ滝が続く。大きな滝が出てもおかしくない地形表現だが、快適に高度を上げられる。岩壁が発達してくると、お待ちかねの野々滝が近い。表現しづらいのだが、野々滝周辺は面白い地形になっている。前衛の滝2つの登りも特に難しくは無い。ご本尊は多少雲に隠れていたものの無事礼拝が叶った。高差約40m、2段となった野々滝様である。水量はやや少なめで中段の窪みとブッシュが女陰を髣髴とする特徴的な形の滝だ。しかし、これに固有名称を与え国家公認の地図に記載するのは不思議に感じる。その後も現われる滝を快適に登り、比較的薄い藪を高差100m漕いで猿ヶ山の山頂へ至った。

自らの目で野々滝を拝んだものの、名称の謎は解けない。完全な当てずっぽうだが、野々滝は刀利集落における信仰の滝であったのではないだろうか。「のの」という言葉には仏、神といった尊い存在の意味がある。女陰のようなその形から豊饒の信仰対象と化した可能性は無いだろうか。こればかりは山に行っても解ける問題ではない。ダムに沈んだ集落にはしっかりとした郷土史が作成されることが多い。また、雨の週末にでも小矢部歴史を調べる事としよう。

<アプローチ>
標高375mの橋がある場所に駐車する。林道を歩いて入渓することも可能だが、日帰りで三方谷右俣のみを遡行対象とするならば、ぜひ瀬戸の長瀞から継続したい。猿ヶ山山頂から北側の左俣を下降するのが合理的である。

<装備>
基本スリングのみでOK。野々滝をトライするのであればそれなりに準備が必要だと思う。

<快適登攀可能季節>
7月初旬~中旬、9月~11月 早い時期だと残雪が残っているはず。7月末から8月末まではオロロが発生するので避けた方が良い。

<博物館など>
縄ヶ池:五月連休あたりに水芭蕉が満開になる。駐車場から砺波平野の散居村を一望できるのも魅力。5月ならば田植えの時期、水田の水面に反射する夕日を眺めたい。10月ならば実りの時期、赤く染まった揺れる稲穂を堪能したい。

福光美術館:福光は棟方志功が6年ほど疎開していた土地である。そのため作品が多くの作品が残されている。企画展も渋く見逃せない。別館の愛染苑も訪れたい場所である。厠にまで絵を描く棟方志功の自由な人柄が感じられる家だ。

南砺バットミュージアム:日本プロ野球の往年の名選手のバットが触れる。メジャーリーガーのバットもある。タイカッブとベーブルースが使用したバットを触って大興奮!親父さんも気さくで良い時間を過せる。

井波彫刻総合会館:井波彫刻は県外にそれほど認知されていないように思う。豪快かつ繊細な技術に感動する。瑞泉寺も行っておこう。

2019年7月17日水曜日

犀川 倉谷川














犀川上流は山深い印象があるエリアである。二又川と倉谷川という長大な沢を抱えているものの、入下山に少々難が有るためか登山者や釣り人は少ないようだ。倉谷川は登山大系で白山でも屈指の名渓と称えられている。地形図を眺めてもその片鱗は想像し難いのだが、訪れてみれば正にその通り。白山らしさを随所に感じることができる素晴らしい谷であった。

水量豊富な序盤に現われる多段の滝からが本番である。スラブの発達したゴルジュと滝が続く。この多段の滝は水量が少なければ左岸を水際をトラバースできるだろう。少々水量が多めだったので我々は左岸から右支流へと高巻いた。次に2つ続くスラブ滝も弱点に乏しい。1つ目は気合を入れれば滝の右を登れそうであったが、無難に右岸からスラブをトラバースした。ここのスラブが濡れているとやや悪く感じるかもしれない。一端沢が開けてから再び始まるゴルジュ帯は突破系。どれも簡単すぎず易しすぎない小滝が続く。美しい廊下を舐めるように堪能ところだ。10m前後の滝が現われ始めると登攀系になる。これも同じく簡単すぎず易しすぎない。概ね快適に直登することが可能だが、巻くにしても特に難しさはないだろう。筆者らは大門山を目指して登山大系に記載の無い左俣を登ったが、こちらも美しい渓相と小滝がいくつか現われて最後まで十分に楽しむことができた。

序盤の赤みを帯びたスラブゴルジュ、ぬらりとした流紋岩系のゴルジュ、節理のある滝群と白山らしい渓相が一度に堪能できる名谷である。この長さでも中弛みを感じさせる事は無い。足並みが揃ったパーティーならば、小矢部川から山越え入山することで一泊二日での山行も可能だ。この計画ならば、小矢部川との地質構造の違いを感じられるのも嬉しい(瑪瑙みたいな石が沢山あるよ!)。総合的に考えて白山の沢入門として最適ではないだろうか。

<アプローチ>
下山の便を考えると、犀川ダムから入山するよりも刀利ダムから山越えをして入山する方が良いように思う。刀利ダムから小矢部川上流部へ車で入り、標高375mの橋がある場所に駐車する。ここは瀬戸の長瀞の入山口でもある。そこから、小矢部川本流ではない沢(沢の名前は未確認)の林道を歩いたのち、沢を登り赤堂山の南北いずれかのコルから倉谷川へ下降する。この入山方法であれば、ブナオ峠から県道54号線を使って車へ戻る事が可能だ。ただし、県道54号線は荒廃しているので藪漕ぎのつもりで臨む必要が有る。安全な幕営場所はゴルジュが発達しているので限られる。そこそこの場所なら随所にあるので、好天が約束されている場合はゴリゴリ進んでも問題ないと思う。最も安全な場所としては標高631m上流の川原である。

<装備>
トライカム少々、ピトン少々。

<快適登攀可能季節>
7月初旬~中旬、9月~11月 早い時期だと残雪が残っているはず。ゴルジュ内に残っていた場合は処理に難儀するだろう。7月末から8月末まではオロロが発生するので避けた方が良い。岩魚のコンディションも合わせて考えると7月中旬が最も良いのかもしれない。

<博物館など>
縄ヶ池:五月連休あたりに水芭蕉が満開になる。駐車場から砺波平野の散居村を一望できるのも魅力。5月ならば田植えの時期、水田の水面に反射する夕日を眺めたい。10月ならば実りの時期、赤く染まった揺れる稲穂を堪能したい。

福光美術館:福光は棟方志功が6年ほど疎開していた土地である。そのため作品が多くの作品が残されている。企画展も渋く見逃せない。別館の愛染苑も訪れたい場所である。厠にまで絵を描く棟方志功の自由な人柄が感じられる家だ。

南砺バットミュージアム:日本プロ野球の往年の名選手のバットが触れる。メジャーリーガーのバットもある。タイカッブとベーブルースが使用したバットを触って大興奮!親父さんも気さくで良い時間を過せる。

井波彫刻総合会館:井波彫刻は県外にそれほど認知されていないように思う。豪快かつ繊細な技術に感動する。瑞泉寺も行っておこう。

2019年7月10日水曜日

直海谷川 右俣















直海谷川の左俣は大タル、右俣は小タルと称されている。誰が称したのまでは調査していないのだが、きっと地元の人がそう呼んだのであろう。「タル」というのは富山でも一部用いられており滝という意味がある。これを適用するならば左俣は大滝、右俣は小滝になる。ところがどっこい右俣も十分大きな滝のある沢であった。

標高850m二俣までも立派なゴルジュと滝がいくつも現われ渓谷美を堪能できるだろう。右俣の入り口は捩れ滝になっている。これはそれ程苦労は無い。940mからのゴルジュマークも困難は無く楽しく登ることができる。特に樋状の滝からナメ滝のコンビネーションは秀逸である。1200mから標高差50mのゴルジュ直瀑が2つ続く。筆者らは手前にあったボロカス雪渓とまとめて巻いたので、この2連瀑が登れる代物なのか判別できなかった。それ以降は時おり現われるナメと小滝を楽しみながら登ると稜線へ出る。稜線から奥三方山は登山道が自然に還っている。山本来の姿に何だか充実した気分になる。ここから登山道跡を藪漕ぎするのも沢を下降するのも厳しさを味わう事ができるはずだ。

全国各地で林道の荒廃が進んでいる。それに伴って登り難くなる山も増えている。それはそれでいい。遠かろうが、時間が掛かろうが本当に行きたい人は行くだろう。元来自然に接近するのは危険で面倒なのである。自然の開かれていないもう一方の扉を叩くには相応の覚悟或いは暴力的な好奇心が必要なのだろう。その扉の先は下へ続く螺旋階段になっていてまた扉がある。それがもうずっとずっと続くので、地上に這い上がれる気がしなくなってきた。地上の光はとうに届かない。こうなったら横穴を掘って快適に生活できるようにするしかない。客人があればもっと楽しいはずだ。深い地下からおいしい匂いを漂わせて待つばかり。

<アプローチ>
口三方登山道の駐車場より少し先までは車で入ることが出来る。車高の高い車ならば滝谷手前までは入れる可能性がある。しかし林道は荒廃の一途なので余り期待しないようにしたい。筆者らは滝谷手前の川原が近い地点から入渓した。谷中には決定的な幕営適地は少ない。大人数で行く際には気をつけたほうが良いだろう。奥三方山の登山道は長らく未整備なのか、足元を良く見ながら登山道の跡を探して歩くことになる。水平距離は長く、藪漕ぎにもなるので油断しない方がよい。左俣を下降するのも手強く面白い計画だ。入山口まで富山市内からは県道9号線を利用すると距離は近くそこそこ速い。およそ2時間で到着する。

<装備>
ピトン、カムを少々。

<快適登攀可能季節>
6月~10月。オロロが酷い地域なので注意。6月は残雪が残る。

<温泉>
セイモアスキー場の横に河内千丈温泉がある。静かで綺麗な良い風呂。

<博物館など>
ハニベ岩窟院:日本唯一の洞窟美術館。知る人ぞ知る日本最高クラスの珍スポット。おどろおどろしい鬼気迫る作品に圧倒される。男女で行くと水子供養かと聞かれるのでそのつもりで突入しよう。

石川県立ふれあい昆虫館:標本の数はまずまず。なにより生きた昆虫を間近に観察できる。蝶の放し飼いされた温室は凄い。皇太子ご夫妻(現天皇皇后)もこの昆虫館を訪れている。雅子妃が温室に入った際、雅子妃の頭に蝶がとまったシーンは何度もテレビ放送された。

<グルメ>
白山からの帰りにある酒屋(名前は忘れた)に日本酒入りソフトクリームがある。もちろんノンアルコール。おいしいのでいつも食べる。

2019年6月24日月曜日

黒菱山 荒戸谷








黒菱山のような里山が沢山あればどんなに素晴らしいだろうか。東西南北どこから登っても面白く、山頂からの展望も素晴らしい。登山道は整備されていて雰囲気も良い。1050mほどの手ごろな標高も相まって多くの登山者に親しまれる山である。

荒戸谷も初めての沢登りにうってつけではないか。水量豊富な下部は岩は硬く滝の登攀も面白い。ロープを使って安全を確保しやすいのも良い点だ。山頂へ詰めあがる沢を進路に取ると少し単調な渓相が続く。快調に進むと岩の様子が変わり、多少脆くなるが登るのには問題は無い。山頂へピッタリと出るには慎重な読図が必要だ。一つ一つの支流を丹念に追っていくのが醍醐味である。うまく山頂へ出れれば藪漕ぎは15分程度で済むだろう。山頂からの景色は言わずもがな。慣れていれば遡行は早く終わるので、山頂でお昼にするのがいい。ハイカーと楽しくお話しながら豪華なランチをするのもまた楽しかろう。

<アプローチ>
発電所のスペースに駐車して林道を歩いて入渓する。なお、この林道ゲートは施錠されていないので車で進む事は可能ではある。車を2台使用するのであれば、笹川の下山口へ車を回しておけば帰りは早い。多少の藪漕ぎと沢の下降を厭わなければ荒戸谷を下降して戻ればよい。

<装備>
ピトン少々

<快適登攀可能季節>
6月~11月。

<温泉>
宝温泉、地中海、境鉱泉など越中宮崎周辺は塩泉が多い。

<グルメ>
たら汁が名物だが、はっきり言ってそれほどでもない。量を食いたいのであれば「きんかい」で定食のご飯大盛りを注文しよう。日本昔話級のてんこ盛りが食える。ドライブイン入善の定食も味、量ともになかなか。

<博物館など>
護国寺:別名石楠花寺。とやま花名所に選ばれるだけある庭園。シャクナゲとツツジの時期が素晴らしい。謎の置物も気になる。

朝日町歴史公園:縄文時代の不動堂遺跡が再現されている他、江戸時代町屋であった旧川上家の家屋が当時の状態を保ったまま移設されている。ここでは朝日町名産のバタバタ茶を自分で点てて試飲できる。12月~3月は閉館するので注意。

朝日町立 ふるさと美術館:昨今の大正アートブームで再注目の竹下夢二の作品を所蔵している。江戸~大正期、朝日町の泊は宿場町で大いに栄えており、その盛り場に夢二が訪れていたようだ。妻たまきとの破局事件の舞台は宮崎海岸だ。この情事の続きは朝日町の図書館で。

百河豚美術館:野々村仁清の作品を数多く展示している。デフォルメされた鶏が描かれコップもあり、仁清のモダンな感性を感じる事ができる。他にも話題の伊藤若冲や、尾形光琳に酒井抱一といった琳派ビックネームの作品も展示。

下山芸術の森発電所美術館:きらりと光る興味深い展示をやっている。こちらも12月~3月の冬季は休館するので注意。

杉沢の沢杉:地口か回文のような名称だが素晴らしい場所。田園と防風林の中にポツリ広がる湿地杉林で、まるでもののけ姫の森のようである。近年、入善乙女キクザクラという桜の新種がここで発見されている。この原木は未だ杉沢の沢杉でしか発見されていない。北陸は菊咲きの桜の品種が多いらしい。

2019年6月23日日曜日

大長谷川 足谷








大長谷川の足谷は落ち着きの無い谷である。土砂が多い谷で水深が浅いため瀬音が大きい。一定の傾斜が続く谷で小さな段差には釜が無いため、一層水音が響いている。平らな場所が少ない事も相まって、落ち着いて休まる場所がないのである。下部は森の雰囲気もよく散発的に小滝が現われるので楽しめる。ここは快適で難しくも危なくもない。中盤以降は単調な歩きとなり、1050mからは一直線のガレ登りになる。内容は地味でスケールが小さいため篤志家向けの沢といえよう。

<アプローチ>
足谷出会いに有る水車のような謎の施設横の空きスペースに駐車させて貰う。同ルート下降、或いは1431mピークから左俣を下降する。

<装備>
登攀具は特にいらない

<快適登攀可能季節>
6月~11月。

<温泉>
大長谷温泉:小さいけどアットホームな良いお風呂。露天風呂はいつもぬるい。

<博物館など>
白木峰:隆起準平原の美しい山頂。最寄の駐車場から30分ほどで山頂とお手軽である。小屋は無人で開放されているので利用可能。6月下旬~7月下旬はニッコウキスゲが素晴らしい。



高熊カキ貝化石床:仁歩川と野積川の合流点にカキ貝の化石と珪化木を観察することが出来る。この地はその昔温暖な海だったのだ。マングローブ林が広がっていたらしい。

<グルメ>
県道7号線沿いのグリル高野のカツ丼はボリュームも味も文句なし。7号線から少し離れるが田村農園のきみソフトクリームは300円ながら絶品。一度ご賞味あれ。